Communication Market in Japan 2020



日本のマーケティングコミュニケーション市場
Communication Market Japan

        2020

  

2020年(1~12月)における日本の総広告費は、6兆1594億円。


2011年の東日本大震災以来、8年連続で成長を続けてきたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、9年ぶりのマイナス成長となった。前年比88.8%で、その下げ幅はリーマンショックの影響があった2009年(前年比88.5%)に次ぐ規模であった。

㈱電通が2021年2月に発表した2020年「日本の広告費」は、日本国内で暦年1年間(1~12月)に使われた広告費を、媒体社や広告制作会社などの協力を得ながら推定したもの。

  



2020 Advertising Expenditures in Japan

In 2020, Advertising Expenditures in Japan Amounted to 6,159.4 Billion Yen (Down 11.2% Year on Year), Reflecting the Impact of the Global COVID-19 Pandemic;

This Marked the First Market Contraction in Nine Years, Since the Great East Japan Earthquake in 2011, and a Margin of Decrease Second Only to That Following the Global Financial Crisis in 2009; Expenditures on Internet Advertising Continued to Grow, Driven by Japanese Society's Accelerating Digital Transformation.


出典/Source:電通/DENTSU Inc.

Market Demographic, Japan


出典/Source:世界銀行/World Bank

  

        2020