Touch Points/ Contact Points


COMMUNICATION TOUCHPOINTS
Contact Points

「マーケティング活動」」とは様々な商品・ブランド情報を、商品情報を様々な手法を使って消費者へ伝え、購買に結び付ける(顧客化する)ことが主要なテーマである。 つまり商品情報の受け手(Audience オーディエンス)を単なる受け手から消費者そして顧客(愛用者)へと心理変容させていくのである。 心理変容させるためにまず検討されねばならないのは商品価値をいかに伝えるかであり、それは、そして消費者となってほしい情報の受け手(オーディエンス)との接点の選択である。 インターネットの双方向性の現代では、そのほかに消費者やオーディエンスが商品あるいは販売企業についてどのような感情やその広がりを持っているのかも慎重に分析されねばならない。 そのような観点からマーケティングを考えるのがCOMMUNICATION TOUCHPOINTSであり、商品情報、ブランド情報が消費者あるいは生活者へ伝わる接点(機会)のことである。

イギリス広告業協会(Institue of Practiceners Association, IPA)では、従来より情報受け手である消費者(オーディエンス)と商品情報などの接点(Contact Points、コンタクト・ポイント、タッチポイントと同義)についてデータを蓄積してきていた。
2009年に筆者が訪れた際にはタッチポイントが既存の(マス)メディアからインターネット(PC)へ拡散しつつあるとの説明を受けた。 その後モバイルの普及や進化そしてインターネットログ解析の技術の進展により、SNSなどを含むビッグデータを通じた情報接触が可視化されるようになってきた。

日本においても、博報堂DYメディアパートナーズ社のメディア接触定点観測によると、総接触時間は2019年発表の調査では411.6分となった。「雑誌」「パソコン」「タブレット端末」では微減であったがテレビ接触時間が150分台を回復し、携帯電話/スマートフォン接触が前年比14%伸び117分台を記録した。

このように消費者の情報媒体への接触時間は、IoTの時代に入り増加傾向にある。 これはモバイルの機能が単方向の通信手段から、モバイルコンピュータとして進化し、ある意味では不特定多数を対象とする「パーソナルブロードキャスティング」へと変貌している過程にあると考えることもできる。一方でIoTの時代はコンピュータの特性である「通信ログ回析技術」の時代でもあり、端末にインプットされたデータはビッグデータとして格納され、マーケティングをはじめとする企業活動をデータで支えることになる
総務省発表の「令和元年版情報通信白書」ではこのような状況に鑑み、「データ主導経済(data-driven economy)が多種多様なデータの生成・収拾・流通・分析・活用を徹底的に図ることによって、製造過程はもとより、あらゆる社会経済活動を再設計し社会の抱える課題の解決が図られる。 スマートフォンは、個人生活に密着したデジタル機器で、膨大な「ヒト」のデータを生成。 また「モノ」のインターネット(IoT)を前提とすると、活用可能なビッグデータの範囲は広がり、第4次産業革命ともいえる社会経済の変革がもたらされる。」と分析する。


このように消費者の情報接触状況が続いて刻刻と変化する時代には、消費者の情報接触状況の推移をみながら、消費者へ適切なメッセージを効果的に伝える媒体を把握することが肝要である。
その際のの参考として、Effie Awards事務局が定義しているコンタクト・ポイント(COMMUNICATION TOUCHPOINT)を概観し、現在のマーケティング・コミュニケーションを支えるコミュニケーション手法の多様化を確認するとともに、これらを統括してシナジーを生み出すコミュニケーション活動をどのように実現していくか、探る手立てにしたいと考える。
以下が、Effieが規定している消費者とのコミュニケーションの接点(タッチポイント)である。(2017年現在)

COMMUNICATION TOUCHPOINTS by effie.org

  • Branded Content
  • Cinema
  • Consumer Involvement/ User Generated
    • Consumer Generated
    • Viral
    • WOM
  • Direct
    • EMail
    • Mail
  • Ecommerce
  • Events
  • Guerilla
    • Ambient Media
    • Buss Marketing
    • Sampling/Trial
    • Street Teams
    • Tagging
    • Wraps
  • Interactive/Online
    • Brand Website/Microsite
    • Contents
    • Digital Video
    • Display Ads
    • Gaming
    • Geo-based Ads
    • Mobile/Tablet Optimized Website
    • Podcasts
    • Videp Skins/Bugs
    • Other
  • Internal Marketing
  • Mobile/Tablet
    • App
    • Display Ads
    • In-App or In-Game Ad
    • Location-based Communications/ Real Time Marketing
    • Messaging/Editorial/Content
    • Other
  • OOH
    • Airport
    • Billboard
    • Place-Based
    • Transit
    • Other
  • Packaging
  • Point of Care (POC)
    • Brochures
    • Coverwraps
    • Electronic Check-In
    • Video(HAN, Accent Health)
    • Wallboards
    • Other
  • PR
  • Product Design
  • Professional Engagement
    • Closed Loop Marketing (CLM)
    • Congresses
    • Continuing Engagement
    • Detail/E-Datail/Interactive Visual Aids(IVAs)
    • Informationnal/Documentary Video
    • In-Office
  • Print
    • Customer Publication
    • Magazine - Digital
    • magazine - Print
    • Newspaper - Digital
    • Newspaper - Print
    • Trade/Professional
  • Radio
    • Merchandizing
    • Program/Content
    • Spot
  • Retail Experience
    • In-Store Merchandizing
    • In-store Video
    • Pharmacy
    • POP
    • Retailtainment
    • Store within a Store
    • Other
  • Sales Promotion
  • Serach Engine Marketing(SEM/SEO)
  • Social Media
  • Sponsorship
  • Trade Shows
  • TV
    • Branded Content
    • Interactive TV/Video on Demand
    • Product Placement
    • Sponsorship
    • Spots
  • Other

 

  

 

Value Marketing Labo
バリューマーケティング研究室

VALUE MARKTING TOP
マーケティング・コミュニケーションの論理

マーケティング経験則
Example of Heuristics
パレートの法則、イノベータ理論、

マーケット分析モデル
マーケティング戦略立案につながる分析モデル例

コミュニケーションタッチポイント
Communication TouchPoints

多様化する消費者・オーディエンスとの接点

購入決断の瞬間
Moment of Truth

消費者が商品購入を決断する瞬間

日本の広告費
Communication Market Japan

Y2016,Y2017,Y2018,Y2019

LIBRARY
Footages, Europe 2008 and MADmen USA

ブランド研究(1)
Marlboro Brand Story

Marlboroブランドイメージの変遷